目の下の影は一体何?

目の下に影が出来ていると、クマだと思い込んでしまう事が大いにあると思います。

しかし、クマはずっと出来ている物ではありません。

出来たり消えたりするものですので、ずっと消えないクマはクマじゃない可能性があります。



寝不足や疲れの、一般的なクマと呼ばれている物は、青クマと言われています。

目を擦ったり過剰なアイメイクにより影が出来るのは、茶クマと言われています。



これ以外に、目の下がたるんでしまった事で陰にように見え、クマっぽく見えてしまう場合があります。



クマとたるみによる影は、ケア方法が全く違います。

自分はどちらなのか、鏡などで入念にチェックし、確認するようにしましょう。

青クマ、茶クマの場合は

一般的なクマの場合は、血行が悪かったり刺激による事が大きな原因です。



血行を高める事が大事と言えるでしょう。

体を暖かくし、湯船にゆっくり使って血行を良くする事が大事です。

蒸気で温まるアイマスクなどを活用し、目に温かさを与える事も良いでしょう。

血行を高める食生活も、とても大事です。

冷えた物ばかりを口にせず、火の通った物を食べる習慣を付けると、血行は改善されていきます。



質の良い睡眠を摂取する事も、とても大事です。

お肌のゴールデンタイム(22時~2時)の間には、熟睡する習慣を付けましょう。

この時間帯に美肌を作ってくれると言われており、特に目元には良く反応してくれます。

たるみが原因の場合

目元にたるみによって影が出来ている時は、目元の保湿力を高めてあげましょう。

このような状態は、保湿する事に尽きます。

顔全体のスキンケアを惜しみなくしていても、目元にきちんとケアが行き届いていない方は、結構多いようです。

しかも、上まぶたはスキンケアしているけれど、下まぶたはあまり意識していない方も多いようです。



化粧水や美容液、アイクリームランキングなどで、保湿力をグッと上げるようにしましょう。



また、目元は避けて使って下さいと、うたい文句のあるスキンケアは、必ず目元には付けないようにしましょう。

目の下にスキンケアをする時のコツ

顔のたるみは物凄く薄いので、あまりガツガツと触れる事の無いように、優しく対応しましょう。



ちりめんジワがある場合は、その細かい溝の奥まで入り込むように、塗ってあげましょう。

だからとはいえ、ちょこっと触れる程度に付けるのでは、あまり意味をなしません。

指の腹などの広い部分を使い、丁寧に馴染ませてあげましょう。

真っ直ぐ見て塗るのではなく、上を向いて下まぶたを広げてあげると、とても塗りやすくなります。



最後に、指の肌を使い当ててあげると、全体にベールが出来るようになり、綺麗に馴染ませる事が出来ます。